Japanese  /  English

Topics

NEWS & TOPICS

2015/12/1

Digital Marketing

医師とMRのメールコミュニケーションが増加傾向
~医師版マルチメディア白書最新号(2015年冬号)より~

製薬企業のマーケティング支援を行う株式会社エム・シー・アイ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:千田壮修)は、医師が行う医療情報収集活動に関する大規模調査レポートとして、「医師版マルチメディア白書」を発刊しています。この度、最新号の2015年冬号がリリースされましたのでご案内いたします。

2015年11月リリースの最新号で調査した主な項目は以下のとおりです。

  • ・医師が疾患・薬剤情報を得る際に活用する媒体のメディアマインドシェア、接触時間の推移
  • ・医療系インターネットサイトの利用状況、評価するポイント
  • ・スマートデバイス(PC・スマートフォン・タブレットPC)所有状況の推移、各デバイスの利用シーン
  • ・MRとの連絡手段と利用意向
  • ・MRとのメールコミュニケーション状況、MRが医師に送るメールの内容、医師からMRに送るメールの内容

など

その中から、医師とMRのメールによるコミュニケーションが増加傾向にあると判る分析結果をご紹介します。

■主な調査結果(一部抜粋)
MRとのメールコミュニケーションの有・無
医師がメールコミュニケーションを行っている平均MR数

こうした医師動向の変化から、弊社が提供している「MRmail」など、MRによるメールディテールシステムの導入が活発化していると思われる。

■調査概要
調査目的
下記項目の把握
  • 第一章 メディアマインドシェア
  • 第二章 医療系インターネットサイトの利用状況
  • 第三章 スマートデバイスの利用実態
  • 第四章 MRとのメールコミュニケーション状況
  • 第五章 企業別マルチメディア評価① ~リーチ率~
  • 第六章 企業別マルチメディア評価② ~役立ち度~
  • 第七章 企業別オウンドメディア評価
  • 第八章 処方インパクトとマルチチャネル効果
調査対象
製薬企業サイトやその他医療関係企業サイトを閲覧している医師
調査手法
インターネット調査
調査期間
2015年10月1日 〜 2015年10月7日
有効回答者数
3,447名
回答者属性
<年代>
30歳代以下:21.2%
40歳代:31.3%
50歳代:36.2%
60歳代以上:11.2%
<施設形態>
大学病院(国公立):9.8%
大学病院(私立):4.3%
国立・公立病院:20.4%
一般(民間)病院:39.9%
医院・診療科・クリニック:25.6%

注)割合については四捨五入して表記したため合計が100%にならないことがあります。

■本リリースおよび本サービス内容に関するお問い合わせ先
株式会社エム・シー・アイ
担当:
HVC事業部岡崎
Tel:
03-3517-2832
E-mail:
mci-hvc@medical-ci.com

株式会社エム・シー・アイは、変化を続ける医療・ヘルスケア業界において、社会的価値の高い事業を創出し推進することを通じ、人々のQOL向上に貢献していきたいという想いのもと設立されました。
私たちは、「医療現場の情報、ニーズの収集と分析」「医療現場、生活シーンに対しての適切な情報提供」「これからの業界課題を解決する新たな付加価値の創出」を通じ、クライアント企業、医療従事者、患者様、生活者の皆様にとって、価値あるサービスを提供します。